息子は朝だけ笑う

「ビール」は好き?嫌い?いろいろ意見があるかもだけど、必ずしも悪くはないよね、「友達」って。そうだよね?

TOP PAGE

どしゃ降りの火曜の昼に昔を思い出す

数年前の夜遅く、私は仲良しの女の子と、横浜から下道を使用し、サザンビーチにやってきた。
理由は、私の一眼レフのカメラで写真を撮影するためだったが、上手に撮れない。
浜辺は久々だったこともあり、撮影に飽きると靴を脱いで海に入りはじめた。
それも飽きてしまい、砂浜で棒崩しをしはじめた。
覚えている限りでは、それまでは、おそらく近くにあったキャノンの一眼。
思いっきりはしゃいで、帰路の中、スタンドで私の一眼が鞄に入っていない事に気付いた。
仕方なくアパートまで戻ったけど、しばらく、とても切なくなった記憶がある。
数百枚の写真が入っていたお気に入りの一眼レフ、今はどこにあるんだろう?

具合悪そうに話す母さんと霧
太宰の「斜陽」がお気に入りの私は、三津浜の安田屋旅館に行った。
同じく文学をよく読む両親。
この安田屋旅館は、小説家の太宰がこの本の章の一部を集中して執筆するために泊まった港町にある旅館。
廊下を進むと、ミシミシと、聞こえる。
ランチのついでに見せてもらったのが、彼が宿泊した二階の小さな部屋。
富士が半分、顔を出していた。
目の前の海の海面にはいけすが作られていた。
このへんは見どころがあり過ぎ。

雲の無い日曜の昼は微笑んで

今年の夏は、海に行っていないが、みんなでたいそう行きたい。
現在、自分の子供が幼いので、海には入らせないで砂遊び程度ですが、必ず楽しんでくれるだろう。
ですが、今、オムツをつけているから、ふつうの海水客の事を思ったら海に入れない方がいいと思う。
それ用のオムツもあることはあるが、議論に発展しているらしいので。

風の無い休日の夕暮れに想い出に浸る
最近、業務や家の中の事に手一杯で、ほとんどゆっくりできる時間がない。
ちょっとだけフリーが持てても、常に次の仕事の納期など、何かしらの締切が頭にある。
そんな状態で丸一日など休みがもらえると、かなり嬉しくなってしまう。
さて、少しの休日をどうやって費やそうかと。
だいたい、いつも、あれも、これしたい、など希望のみが募り、すべては上手くいかない。
何をしていても私は行動が遅いので、気付けば一日が経過。
時は金なり、なんて正に的確だと思う。

気どりながら踊る父さんと濡れたTシャツ

毎年、梅雨の時期がお気に入りだ。
空気はじめじめしているし、出かければ濡れてしまうけれど。
理由として、小さいときに、雨の日に咲いていた紫陽花がきれいで、それからこの花が咲くのを楽しみにしている。
長崎出島にて付き合っていた、シーボルトとお瀧の紫陽花の中での逢瀬をご存じだろうか。
オランダ人に紛れて日本へやってきた、ドイツ人のシーボルトが、あじさいを見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言ったそうだ。
雨の日に可憐に咲くあじさいを見ながら何度も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
そのうち変化して、アジサイはおた草と異名を持つようになったらしい。

熱中して体操する姉ちゃんと私
某芸能人が突然引退表明!!らしく、ニュースやネットでたんまり報道しているが、ものすごくすごいですね。
また次の総理大臣がどのような人に決定するかという内容より報道でも順序が先ですからね。
どの政治家が日本の総理になろうが変化しないと思うのもとてもいますし、それより、大物司会者が芸能界をいきなり引退というのが影響がでそうなんですかね。

騒がしく歌う家族とファミレス

良いおくりものを決めなくてはと思っている。
記念日がもうすぐで、嫁に喜ばれる贈り物を渡したいのですがすごくいいおくりものが決まらない。
妻になんか欲しい物があればいいのだが、ほとんど、物を欲しがる気持ちがないので、喜びそうなものが見当つかない。
そうは言っても、妻に気づかれない様になんか見つけてびっくりさせたい。

泣きながらダンスする姉ちゃんと擦り切れたミサンガ
オフィスで身に着けるパンツスーツを買いに行った。
コムサでモードなどフォーマルなショップも憧れるけれど109も悪くないと思う。
気が強そうではつらつとした女性向けのショッピングビルで体のラインが出る製品が多いのが特徴。
金額はテナントによって差が出てくるが、ほとんどが安価。
店を選び、スーツを探していたが、細身の物が多く置かれていた。
着用後、普段よりお洒落に見えるような気がする。
なかなか素敵なスーツ選びが達成できて、ちょっとラッキーだった。

ノリノリで走る母さんと観光地

知佳子とニューヨークのAbercrombieに入店した。
私はAbercrombieのシンプルなコーディネイトが好き。
また、店内の薄暗さと、充満している香りが。
1時間程みて、アバクロを出た。
すると、私が通路を占領して歩いていたので、すみません!と言って振り返る。
そういえば、店に来ていた兄さん。
笑いながら、ありがとう、と言われた。
ビックリしたのは、その手荷物。
Abercrombie & Fitchでいったいどれくらい買い物したの?って聞いてみたかった。
そして、スタバで知佳子とその人の収入当てで話が弾んだ。
ANSWERは謎だ。

そよ風の吹く木曜の夜に冷酒を
スタートさせたら、完璧に仕上がるまで膨大な時間が必要なものが、世間には数多くある。
適切なのが、他言語だろうとみている。
と言いつつ、お隣の韓国の言葉は、例外的で、私たちが話す日本語と語順が同じ、SVOで、さらに発音も似ているので、身に着けやすいと言う。
しばらく韓国語を学んでいた友達の明日香ちゃんは、英語よりは早く習得しやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
なんとなく参考書でも読んでみようかなあ・・・と思ったけれど、丸や縦線を組み合わせたような韓国語の文字はお絵かきにしか思えない。

お役立ちサイト・関連サイトの紹介です。

Copyright (C) 2015 息子は朝だけ笑う All Rights Reserved.

TOP
PAGE